>

調査中の話および調査結果の話

探偵調査中に届く現状報告は相互連絡

探偵調査中は、依頼内容によって違い、報告の届くものと届かないものとがありますが、報告の届くものは定期的に調査報告が届くことになっています。
報告の届かないものは、浮気調査のように途中で状況報告すると、依頼主の気持ちが変わってしまうようなものです。
報告書が途中で来るかどうかは、面談の時によく吟味しておきましょう。

探偵調査中は報告書が来ることで、探偵と依頼者がお互いに連携して話し合いながら、さらに的確な調査を進めていくことができるのです。
といって、いつも依頼した問題のことを気にしている必要はありません。
報告書が来ないときは、何も気にしないで報告書が来るのを待っていればいいのです。
しかし、自分でも、調査報告書から調査の現状くらいは把握しておきましょう。

探偵調査後の最終調査報告をよく調査

まず、探偵調査終了後の報告で探偵の実力がわかります。
後で、再び探偵に依頼するようなことがあると思うのなら、これを参考にしておきましょう。

調査報告書は大抵、調査終了後2~3日で届きます。探偵も調査でかなり疲れています。
依頼人も様々なことで気疲れがしているでしょう。
調査報告書が届きますと、皆で楽しく慰労会でも開いて、調査の経過、結果などを聞きながらそれまでの苦労を癒しましょう。
すると、後で再度依頼するときも頼みやすくなります。

また、調査報告内容の把握も重要で、必要なことが記述されているかなども確認しておきましょう。
そして、結果がどうなっているかはもちろん、探偵が行ってきた調査の経過、方法なども把握しておくことが大切です。
これを行ってないと、後で問題が発生した時に困ります。


この記事をシェアする